ビーチコーミング/海からのメッセージ〜流れ着くものたち〜

主催:北海道立オホーツク流氷科学センター(北海道紋別市元紋別11)
期間:令和元年10月5日(土)
場所:紋別市コムケ湖海岸

 流氷科学センターは,北海道オホーツク沿岸中央の紋別市に位置し,流氷や海洋に特化した科学館です。紋別市の海岸にも多くの漂着物が流れ着き,その種類も海以外の山、川に由来するもの、ペットボトルや生活用品などの人工物、貝殻、鯨類のホネなど様々です。また、外国に由来するものも多く見られ、宗谷暖流などの海流の影響が確認できます。

第19回 漂着物学会 柏崎大会のお知らせ

 

 

 

第19回となりました漂着物学会大会は,新潟県柏崎市で開催されます。今大会のホスト役は,柏崎市立博物館の「渚を楽しむ会」を中心とした柏崎大会実行委員会の皆さんです。

大会参加申込フォームは「第19回漂着物学会 柏崎大会」のページの最後にあります。

主催:漂着物学会,柏崎大会実行委員会
協力:柏崎市立博物館渚を楽しむ会
後援:柏崎市教育委員会

1.日時
2019年10月19日(土)−20日(日)
2.場所
【研究発表会】柏崎市立図書館ソフィアセンター2F多目的ホール(新潟県柏崎市学校町2-47)
【交流会】シーユース雷音(柏崎市西港町12-11)
【BC】高浜海岸
【見学】柏崎市立博物館(柏崎市緑町8-35)
3.基調講演
「長岡市寺泊沿岸へ漂着した海洋動物―35年間の調査・観察記録から―」
青柳 彰氏(長岡市寺泊水族博物館館長)
4.スケジュール
10月19日(土)(柏崎市立図書館ソフィアセンター)
09:00 受付開始,展示準備
10:00 開会式
10:10  ポスター発表,一升展示,販売コーナー
11:00 総会
12:00 昼食
13:00 基調講演
14:10 研究発表会(口頭発表4件)
16:00 漂着物鑑定会
16:30 大会終了
18:00 交流会(シーユース雷音)
※大会会場から徒歩10分
10月20日(日)
07:50 シーユース雷音正面玄関前集合
08:00 貸し切りバス「どんぶらこ号」発車
08:30 高浜海岸着・記念写真・BC開始
10:15 BC終了
10:20 「どんぶらこ号」高浜海岸発
10:45 柏崎市立博物館見学(常設展示・ロビー展示「漂着物のオブジェ」など)
11:45 閉会式,解散
11:50 「どんぶらこ号」博物館発(JR柏崎駅経由,シーユース雷音行き)

詳しくは「第19回漂着物学会 柏崎大会」のページをご覧下さい。